活動報告

活動報告の紹介

研究活動

基礎・臨床研究で得られた成果は、積極的に国内外の精神神経薬理学、神経科学および医療薬学関連の学会や研究会にて報告し、世界を見据えて広く社会に発信しています。また、招待講演やシンポジウムなどにおいても多数発表を行っています。

大学・研究室行事

大学行事として、学生フォーラム、ソフトボール大会、オープンキャンパス、卒論発表や卒業式などが開催され、こうした行事には積極的に参加しています。研究室行事として、鶴舞公園での花見、ゼミ旅行、スポーツフェスティバル、新年会など、1年を通して楽しいイベントを開催し、メンバー同士の親睦を深めています。

国際交流活動

名城大学薬学部は、学術交流協定を結んでいる米国をはじめとする海外の大学教員や臨床研修生を受け入れ、講義への参加、関連医療施設の見学、症例検討を通し、研究・教育の交流を行っています。 名古屋大学医学部附属病院での臨床研修は、名城大学薬学部サテライトセミナー室を拠点として、当部門のアドバンスト学生や配属学生が薬剤部と協力して実施しています。アドバンスト学生は病棟・薬剤師外来や関連医局での活動を中心に、臨床研修・症例や研究内容を英語で紹介します。また、日米の薬学教育や文化も紹介し、交流を深めています。

社会活動

くすりを通じて社会を知ることで社会に貢献できる医療人の育成を目指して、地域での「くすり教室」や「研修」活動を積極的に実施・参加しています。中でも、特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構(NPO J-DO)は、国民にくすりを安全に安心して使っていただくために薬剤師や国民に対する教育講演や学会を開催しています。その活動の一つとして、小学生にもくすりのことを知ってもらう講義や体験実験(くすり教室)を行っています。2014年度からは、薬物依存に関連する講義や体験実験も行っています。

2018年5月31日~6月2日

第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会(名古屋)

「第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会」が、名古屋国際会議場にて「救急医療のこれまでと これから」をテーマに開催されました。本総会・学術集会には、全国から医師、看護師、コメディカル、消防・救急や医療・保健行政関係者など多職種が参加し、救急医療に関する科学的な研究発表ならびに知識の向上、普及を図ることを目的に毎年開催されています。

当部門からは、野田幸裕が教育講演を行いました。多職種連携医療の重要性とその教育の必要性について講演し、「これから」の救急医療にも多職種連携に関する議論を深める機会となりました。

(報告者:野田幸裕)

【教育講演5:多職種連携教育の実際】
野田幸裕(6月1日)
「チーム医療を支える多職種連携教育の実践:医療系学部を有さない薬学部における他の医療系学部との連携」

2018年5月26日

第12回 日本緩和医療薬学会年会(東京)

「第12回 日本緩和医療薬学会年会(東京)」が、東京ビッグサイト TFTビルにて「いのちの輝きを支える」をテーマに開催されました。

当部門からは、野田幸裕教授がシンポジウムの座長およびシンポジストを、学部6年の城間由奈が一般演題のポスター発表を行いました。

精神科医療の観点から精神的ケアを考えるシンポジウムでは、地域薬局や病院において精神科領域で活躍している薬剤師、および臨床心理士の視点から、精神症状を抱えるがん患者へのアプローチの方法や向精神薬の適正使用について紹介がありました。総合討論では、各施設における向精神薬の使用状況についてなど多数の質問があり、活発な討論が行われました。尿路上皮癌に対するがん化学療法に伴う消化器症状を軽減させる治療法に関する調査の発表では、調査対象となったレジメンにおける制吐剤の使用方法や調査方法について、薬学生や薬剤師から質問を頂きました。

本学会では、保険薬局薬剤師および病院薬剤師からなる薬薬連携のみならず、薬学教育が加わった薬薬学連携による取り組みについて、様々な角度から緩和医療を考える大変有意義な機会となりました。

(報告者:城間由奈)

【座長/シンポジスト】
野田幸裕(5月26日)
シンポジウム1:精神科医療の観点から精神的ケアを考える
「緩和医療における精神科薬剤師の役割」
【一般演題:(ポスター)】
城間由奈(5月26日)
「尿路上皮癌に対するがん化学療法に伴う消化器症状を軽減させる治療法に関する調査」 

2018年6月13日

第9回(第60回)遠隔教育システムを利用した アドバンスト学生による活動報告会 アドバンスト症例報告会

「第9回(第60回)遠隔教育システムを利用したアドバンスト学生による活動報告会」が、愛知医科大学病院、藤田保健衛生大学病院、名古屋大学医学部附属病院、および名城大学薬学部ライフサイエンスホールにて同時開催されました。

今回は、名古屋大学医学部附属病院の呼吸器内科/呼吸器外科にて研修しているアドバンスト学生が症例報告を行いました。中継施設には多くの学生や教員が参加し、多数の質疑やコメントがあり、活発な報告会となりました。

肺癌は、肺の気管、気管支や肺胞の一部の細胞が年齢、喫煙あるいは閉塞性肺疾患などの原因で癌化する疾患です。脳、骨、肝臓や副腎などに遠隔転移しやすいとされています。肺癌は治療上の分類で非小細胞肺癌(扁平上皮癌、腺癌、および大細胞癌)と小細胞肺癌に分けられます。報告者は、肺癌の約60%を占める肺腺癌で放射線化学療法を実施している患者に介入しました。肺癌診療ガイドラインでは、切除可能な腫瘍(TNM分類:T3-4、N0-1)に術前放射線化学療法後に外科的手術を実施することが推奨されています。放射線療法では、皮膚の発赤、腫れや乾燥などが発現しやすく、照射する線量が多いほど強く症状が発現します。報告者は患者に対して、化学療法の説明、副作用確認、経過観察だけでなく、放射線療法に関連した症状に対しても薬学的に介入したことを報告しました。たとえば、放射線照射後に発症した皮膚炎に対して保湿剤であるヒルドイドローション(ヘパリン類似物質)の必要性を説明し、治療経過を観察したことで症状の悪化やコンプライアンスの低下を未然に防ぐことができました。放射線照射による食道炎に対して処方されていたアルロイドG内用液5%(アルギン酸ナトリウム)の症状の改善や使用感を面談により確認し、アドヒアランス向上に努めていました。患者の訴える症状や薬物治療に対する考えに耳を傾け、治療効果だけではなく患者の考えも治療の評価に取り入れることで、患者が積極的に治療に取り組める体制づくりをしていました。

化学療法だけではなく、放射線治療も含めた治療全体に介入することが病院薬剤師の職能であると感じました。今後のアドバンスト活動において、患者の治療についてさらに理解を深め、予想される有害事象を把握し、患者の満足度を向上させることに繋げていきたいと思いました。

(報告者:髙木修平)

【名古屋大学医学部附属病院】
城間由奈
「肺尖部胸壁浸潤癌に対する放射線化学療法施行患者における薬剤師の関与」

2018年5月23日

第8回(第59回)遠隔教育システムを利用した アドバンスト学生による活動報告会 アドバンスト症例報告会

「第8回(第59回)遠隔教育システムを利用したアドバンスト学生による活動報告会」が、愛知医科大学病院、藤田保健衛生大学病院、名古屋大学医学部附属病院、および名城大学薬学部ライフサイエンスホールにて同時開催されました。

今回は、安城更生病院の神経内科、整形外科にて研修しているアドバンスト学生が症例報告を行いました。中継施設には多くの学生や教員が参加し、発表に対して多数の質疑やコメントがあり、活発な報告会となりました。

多発性硬化症(MS)は、自己免疫疾患の一種で中枢神経系の慢性炎症性脱髄疾患です。MSの症状は、神経の障害がどの部位で生じているかによって異なります。障害が視神経では目のかすみや視力低下、大脳では精神症状や判断・思考力低下、脊髄では感覚麻痺や排尿障害、小脳では会話障害や運動障害などが現れます。MSに対する根本的な治療法がなく、①初発、再発時の急性増悪期の症状改善、②疾患修飾薬の使用、③対症療法が選択されます。MSの疾患修飾薬は、長期安全性が認められている第一選択薬(IFN製剤やグラチラマー塩酸塩)と有効性が高いが重大な副作用が報告されている第二選択薬(フマル酸ジメチル、フィンゴリモド、ナタリズマブ)に分けられます。報告者は、疾患修飾薬としてIFNβ製剤を使用している患者において、両下肢のしびれや排尿障害の訴えからINFβ製剤のnon-responderを疑い、薬剤変更を提案していました。薬剤変更提案として第二選択薬の重大な副作用である進行性多層性白質脳症(PML)の発症を懸念し、第一選択薬で、同種薬であるグラチラマー塩酸塩を選択していました。医薬品の有効性と副作用のリスクを評価し患者にとって最良の治療を提案することが薬剤師の職能であることを実感しました。今後のアドバンスト活動において、単に治療効果やガイドラインに則った治療の提案だけでなく、安全性や副作用のリスクを考慮して薬剤選択の判断ができるようにしたいと思いました。

(報告者:髙木修平)

【安城更生病院】
「多発性硬化症における疾患修飾薬の選択と服薬指導」

2018年3月29~30日

米国サンフォード大学薬学部から臨床研修生Taylor Baileyさん、Paige A. Mooreさんが名古屋大学医学部附属病院および病態解析学Ⅰを訪問

米国サンフォード大学薬学部4年生Taylor Baileyさん、Paige A. Mooreさんが、日本における臨床薬学教育研修の一環として、名古屋大学医学部附属病院(名大病院)および病院内に設置された名城大学薬学部サテライトセミナー室病態解析学Ⅰにて臨床研修を実施しました。

○29日午前

1)当部門・メンバー紹介:サテライトセミナー室にて、野田幸裕教授、吉見 陽助教がそれぞれ当部門の活動や研究内容、日本の薬学部のカリキュラムについてスライドで説明し、当部門のメンバーがそれぞれ自己紹介しました。臨床研修生はそれぞれの紹介内容にとても興味を持って聞いておりました。

2)日本文化Ⅰ(ウェルカムパーティ):臨床研修生に和食文化を理解してもらうため、昼食にちらし寿司やお味噌汁などを用意しました。慣れない日本食であったと思いますが、美味しいと食べてもらえました。日本の好きな食べ物や日本滞在中の出来事などで会話が盛り上がりました。

○29日午後

3)臨床研修Ⅰ(病棟見学):病棟薬剤師の業務内容や各病棟の特徴を紹介するために、消化器外科2/移植外科、精神科/親と子どもの心療科および呼吸器内科/呼吸器外科の病棟を見学しました。消化器外科2/移植外科および呼吸器内科/呼吸器外科では、病棟での薬剤の管理方法について説明しました。注射剤の管理方法について実際に注射カートを見ながら説明し、また服薬指導にて使用しているパンフレットも見てもらいました。精神科/親と子どもの心療科では、面談室や興奮状態にある患者を一時的に隔離する保護室があること、また作業療法を行うためのホールや中庭があり、ホールでは患者が揃って食事をとるなど他の病棟とは異なる設備や病室があることを説明しました。病棟を巡ることで日本の病棟薬剤師の役割や各病棟の特徴について、理解してもらえました。

4)臨床研修Ⅱ(アドバンスト活動紹介): アドバンストコースの学部5年生4名が名大病院の精神科/親と子どもの心療科、血管外科/歯科口腔外科/皮膚科/総合診療科、消化器外科2/移植外科および呼吸器内科/呼吸器外科の病棟の特徴、薬物治療の効果や副作用のモニタリング、カンファレンス参加など病棟薬剤師の活動内容を説明しました。その後、各病棟での症例発表を行いました。特に入院患者に提供される食事の内容や発熱性好中球減少症患者に対する薬剤師の関わりについて、興味をもってもらえました。

5)日本文化Ⅱ(花見・ショッピング・夕食):鶴舞公園の桜が満開を迎えたため、当部門のメンバーとともに記念撮影を行いました。当日は晴天でお花見日和であり、臨床研修生は沢山の写真や動画を撮影しながら、日本でのお花見を満喫してもらいました。その後、ショッピングセンターの雑貨売り場や靴売り場、100円ショップなどに行き、ゲームセンターにてプリントシール写真を撮りました。日本のプリントシール機に興奮した様子で様々な決めポーズをし、楽しそうに写真をデコレーションしていました。夕食はフードコートにて炒飯や天ぷらなどを食べ、蕎麦の試食にも挑戦してもらいました。蕎麦を食べるのは初めてでしたが、美味しいといいながら完食してもらえました。箸にも熱心に挑戦しており、あっという間に上達していく姿が印象的でした。米国での薬学教育や趣味などについて細かく説明してもらい、終始和やかな雰囲気でした。

 

30日午前

1)臨床研修Ⅲ(臨床研修生による症例発表):臨床研修生より出血性膵炎患者やアセトアミノフェンを過量服用した患者の症例報告を行ってもらいました。米国の病院薬剤師が抗生物質の選択や栄養管理、疼痛コントロールなど多岐に渡って活躍していること、また適切な治療方針の選択に寄与していることを改めて実感しました。また、過量服用に対する解毒について、日本の臨床研修では実際の症例を用いて学ぶ機会はほとんどありませんが、米国の臨床研修生は実際の症例を経験していたことが印象的でした。今後も薬学的な視点から積極的に活躍できるよう学び続けたいと思いました。

2)日本文化Ⅲ(福笑い・坊主めくり・かき氷作り):日本の伝統的な遊びとして、福笑い・坊主めくりを紹介しました。ルールとともに発祥の由来も説明し、終始大変盛り上がり、楽しむことができました。特に、坊主めくりに使用した百人一首の絵札に興味津々の様子でした。昼食後には、かき氷を作り、臨床研修生はかき氷を食べるのは初めてであったようですが、美味しそうに食べてもらえました。

○30日午後

3)臨床研修Ⅳ(病院内見学):病院内の外来棟や薬剤部、検査部門、外来化学療法室などを見学しながら、名大病院の概要や薬剤師の役割について説明しました。薬剤部の見学では、投与量の調節が難しい薬剤の血中濃度を薬剤師が測定していることに興味を持っていました。外来棟の見学においては、外来患者の薬の受け取り方について説明をしました。日本では事前に医療機関から発行される処方箋をファックスで送付することで、薬局は処方薬を用意しておくことができ、店頭で待つ時間を短縮することができます。米国でも薬局に処方箋をファックスやメールであらかじめ送付することがありますが、患者ではなく病院のスタッフが送付することが多く、日本との違いに驚いていました。短い時間でしたが、日本の病院施設や制度、薬剤師の業務について理解してもらえたと思います。

4)臨床研修Ⅴ(体験実験):当部門の医薬統合研究の重要性を理解してもらうために、細胞継代(細胞の系統維持)の見学、ジェノタイピング(遺伝子型判定)を体験してもらいました。ジェノタイピングでは、ゲルへのアプライに苦戦しながらも丁寧に行い、検出されたDNAバンドに感動していました。これらの基礎研究を通して、当部門のトランスレーショナルリサーチによる創薬研究について理解を深めて頂きました。

日本文化の紹介など楽しい時間を過ごし、症例発表等を通じて、米国の薬物治療に対する薬剤師の関わりについて学びました。日米のドラックストア薬剤師業務についても意見交換を行いました。米国では保険料が非常に高く所得が低い方は保険に入っていないため、患者さんは最初に病院ではなくドラックストアへ相談をすることが一般的であり、米国の薬剤師は効果的・効率的なヘルスケアの提供者として信頼されていることを学びました。2日間という短い時間でしたが、米国の薬剤師が積極的に治療に介入していることを改めて実感し、チーム医療において薬剤師が出来ることについて考える良い機会となりました。

(報告者:田代侑子、武藤利奈)

2017年5月16~17日

米国サンフォード大学薬学部から臨床研修生 John Charles Thomas Jrさんが名古屋大学医学部附属病院および病態解析学Ⅰを訪問

米国サンフォード大学薬学部4年生 John Charles Thomas Jrさんが、日本における臨床薬学教育研修の一環として、名古屋大学医学部附属病院(名大病院)および病院内に設置された名城大学薬学部サテライトセミナー室病態解析学Ⅰにて臨床研修を実施しました。

○16日午前

1)当部門・メンバー紹介:サテライトセミナー室にて当部門のメンバーがそれぞれ自己紹介し、吉見 陽助教が当部門の活動や研究内容、日本の薬学部のカリキュラムについてスライドで説明しました。臨床研修生がそれぞれの紹介内容について気になる点を質問するなど、和気あいあいとした雰囲気の中でメンバー紹介が行われました。

2)日本文化Ⅰ(ウェルカムパーティ):臨床研修生に和食文化を理解してもらうため、昼食におにぎりやいなり寿司などを用意しました。臨床研修生は、はしを上手に使いながらいなり寿司やオードブルの唐揚げを堪能し、好きな日本のマンガやアニメ、日本滞在中の週末の予定について会話が弾みました。いなり寿司が大好評で機会があればまた食べたいと希望していました。

○16日午後

3)臨床研修Ⅰ(アドバンスト活動紹介):アドバンストコースの学部6年生4名が名大病院の精神科/親と子どもの心療科、血管外科/歯科口腔外科/皮膚科/総合診療科、腎臓内科/泌尿器科、および呼吸器内科/呼吸器外科の病棟の特徴、薬物治療の効果や副作用のモニタリング、カンファレンス参加など、病棟薬剤師の活動内容を説明しました。その後、各病棟での症例発表を行いました。

4)臨床研修Ⅱ(病院内見学):名大病院内の薬剤部や外来化学療法室などを見学しながら、名大病院の概要や薬剤師の役割について説明しました。麻薬室の見学時に、米国では突発性疼痛に対して医療用麻薬の速放性製剤であるオキノーム散が使用されるのは稀であり、一般的に錠剤や注射剤を使用するということを知りました。オキノーム散に関わらず米国では粉末製剤を使用することが稀であることを学びました。

 

○17日午前

1)日本文化Ⅱ(書道と和菓子):日本の伝統文化の紹介として、書道を行いました。臨床研修生に漢字の意味を教え、学部生が横で手本を見せながら、気に入った漢字を書いてもらいました。臨床研修生の名前も気に入った当て字を選んで書いてもらい、学部生はそれぞれ自分の名前を書いて記念撮影を行いました。臨床研修生は小筆で漢字の意味やサインを書くなど、楽しそうに書道に取り組んでいました。その後、数種類の和菓子から気に入ったものを選んでもらい、急須で淹れた緑茶と和菓子を楽しみました。

○17日午後

2)臨床研修Ⅲ(臨床研修生によるサンフォード大学の紹介):サンフォード大学薬学部での薬学教育やキャンパスライフについて、臨床研修生にヘルスケアイベントの写真などを提示しながら紹介してもらいました。1年次から医薬品情報学や病態生理学などを学び、高学年になるにつれて内容がより臨床的になると言っていました。臨床研修生の所属するクラブ活動の一環として、薬学生が血圧値や血糖値の測定を行う健康診断などに参加しており、大学の講義以外にも積極的に臨床経験を積んでいました。

3)臨床研修Ⅳ(病棟見学):臨床研修生は米国での長期の病院実習を行う前であり、より詳細に病棟薬剤師の業務内容や各病棟の特徴を紹介するために、血管外科/歯科口腔外科/皮膚科/総合診療科の混合病棟および精神科/親と子どもの心療科の病棟を見学してもらいました。血管外科/歯科口腔外科/皮膚科/総合診療科の混合病棟では、病棟での注射剤の管理方法について実際に注射カートを見せながら説明しました。精神科/親と子どもの心療科では、ホールや中庭にて作業療法として、塗り絵やストレッチ、卓球などを行うこと、興奮状態にある患者は、一時的に保護室に隔離されることがあり、他の病棟とは異なる設備や病室があることを説明しました。短い時間ではありましたが、日本の病棟薬剤師の活動や各病棟の特徴について病棟を回ることで理解してもらえた様子でした。

2日間という短い期間でしたが、日本文化の紹介などを楽しみながらも、臨床研修生による米国の薬学教育の紹介などを通して薬物治療や米国の薬学教育について学びました。臨床研修生のように積極的に実習や研究活動に取り組み、今後の学生生活をより一層充実させていきたいと感じました。

(報告者:磯村優希)

2017年9月13日

くすり教室「名古屋市立八事小学校 名古屋」

名古屋市立八事小学校にて「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」、「くすり教室:実験講座」、「薬物乱用・依存」の出前授業を開催しました。170913 NPO

2017年8月6日

くすり教室「尾西生涯学習センター 愛知」

尾西生涯学習センターにて 、一宮市薬剤師会との 共同企画として「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室:実験講座」を開催しました。170806 NPO