活動報告

活動報告の紹介

研究活動

基礎・臨床研究で得られた成果は、積極的に国内外の精神神経薬理学、神経科学および医療薬学関連の学会や研究会にて報告し、世界を見据えて広く社会に発信しています。また、招待講演やシンポジウムなどにおいても多数発表を行っています。

大学・研究室行事

大学行事として、学生フォーラム、ソフトボール大会、オープンキャンパス、卒論発表や卒業式などが開催され、こうした行事には積極的に参加しています。研究室行事として、鶴舞公園での花見、ゼミ旅行、スポーツフェスティバル、新年会など、1年を通して楽しいイベントを開催し、メンバー同士の親睦を深めています。

国際交流活動

名城大学薬学部は、学術交流協定を結んでいる米国をはじめとする海外の大学教員や臨床研修生を受け入れ、講義への参加、関連医療施設の見学、症例検討を通し、研究・教育の交流を行っています。 名古屋大学医学部附属病院での臨床研修は、名城大学薬学部サテライトセミナー室を拠点として、当部門のアドバンスト学生や配属学生が薬剤部と協力して実施しています。アドバンスト学生は病棟・薬剤師外来や関連医局での活動を中心に、臨床研修・症例や研究内容を英語で紹介します。また、日米の薬学教育や文化も紹介し、交流を深めています。

社会活動

くすりを通じて社会を知ることで社会に貢献できる医療人の育成を目指して、地域での「くすり教室」や「研修」活動を積極的に実施・参加しています。中でも、特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構(NPO J-DO)は、国民にくすりを安全に安心して使っていただくために薬剤師や国民に対する教育講演や学会を開催しています。その活動の一つとして、小学生にもくすりのことを知ってもらう講義や体験実験(くすり教室)を行っています。2014年度からは、薬物依存に関連する講義や体験実験も行っています。

2017年7月27日

第32回 平成28年度助成研究発表会(東京)

「平成28年度助成研究発表会」が、京王プラザホテルにて開催されました。

気分障害患者ではニコチンの依存度が高く、うつ病の既往を有する患者では禁煙が困難であり、禁煙中の大うつ病エピソードを発症するリスクが高いことが報告されています。当部門からは、野田幸裕教授が「喫煙と精神機能・行動」のセッションにて平成28年度の研究成果を発表し、同セッションの座長も務められました。発表後には、ストレスモデルマウスにおいて社会的行動障害にストレス関連物質(グルココルチコイドなど)が関与しているのかどうかなど質問を頂きました。疾患におけるニコチン関連分子の役割やその生理作用の科学的解明のために基礎と臨床の両方から多岐にわたる研究発表が行われ、現在の研究の発展に繋げて行きたいと思います。

(報告書:内田美月)

【喫煙と精神機能・行動】
野田幸裕 口頭発表(演題番号101)
「気分障害の神経精神機能におけるニコチン関連分子の探索-基礎と臨床研究からのアプローチ-」     
野田幸裕 座長(演題番号103~105)

2017年7月8日

第63回日本薬学会東海支部総会・大会(岐阜)

「第63回日本薬学会東海支部総会・大会」が、岐阜薬科大学本部キャンパスおよび岐阜大学医学部教育・福利棟にて開催されました。

当部門からは、学部6年の浮貝真子が一般演題の口頭発表を行いました。発表時には、クロザピン反応性代謝物によるヒスタミンH4受容体を介した細胞毒性の発現機序や対照薬として用いた非定型抗精神病薬であるオランザピンのヒスタミンH4受容体に対する親和性について質問を頂きました。「救急医療最近の動向」と題した特別講演では、高齢化に伴い救急医療の需要が増加する一方で、受け入れ施設や医師の減少など供給不足が問題となっており、薬剤師は薬に関する情報提供のみならず、医療従事者として積極的に救急医療に関与する必要があることを学びました。本学会では、薬学に関する幅広い分野の発表から多くのことを学び吸収することができ、大変有意義でした。

(報告者:浮貝真子)

【口頭発表】
浮貝真子
「クロザピン反応性代謝物による細胞毒性におけるヒスタミンH4受容体の関与」

2017年8月1~2日

2017年度 ゼミ旅行:楽しく体験し、絆を深め、笑顔輝く思い出に残るゼミ旅行(長野)

「2017年度 ゼミ旅行」で、長野県の駒ケ根市、安曇野市、小県郡、諏訪郡に行きました。

1日目:8月1日

前日までの天気予報では雨が心配されていましたが、幸い雨が降ることもなく、目的地の長野県に向かいました。

車中では、レクリエーション(レク)として、恒例の学部4年生の自己紹介、教員、大学院生、および学部5・6年生の他己紹介に加え、名前並び替えゲーム、雑学3択クイズを行いました。緊張気味の4年生も時間と共に盛り上がり、大変賑やかな移動時間となりました。

最初の目的地である駒ケ根市にあるアルプスの丘では、4つのグループに分かれ、バーベキューを行いました。限られた時間ではありましたが、学年の枠を超えて協力しながら野菜やお肉、焼きそばを調理し、楽しい昼食となりました。

昼食後は安曇野アートヒルズミュージアムに移動し、サンドブラスト体験をしました。グラスに各自デザインし、オリジナルのグラスを作りました。慣れない作業に終始真剣な面持ちで取り組み、体験後には達成感に満ち溢れた笑顔があちらこちらでみられました。

サンドブラスト体験後は安曇野ワイナリーに移動しました。ワイナリーではブドウを自社農園で栽培しており、品種やその特徴について、ブドウ畑を眺めながら解説を受けました。ワインセラーの見学やワインの熟成についても学び、試飲カウンターやショップでは各自楽しいひと時を過ごしました。ショップでは、ワインやチーズ、安曇野ワイナリーの有名商品の一つであるのむヨーグルトについて店員の説明やちゃっかり試飲・試食で吟味してから購入していました。

その後、宿泊地である大町温泉郷の黒部ビューホテルに移動しました。夕食ではりんごの天ぷらや信州そばなど、長野県の名産品をはじめとする懐石料理に舌鼓を打ちました。

夕食後は宴会場にて夜レクを行いました。今年の夜レクでは、事前アンケートによるランキング当てゲームに始まり、ジェスチャーゲーム、写真当てクイズを行いました。宴会場は終始笑いに包まれ、懇親を深めるよい時間となりました。

 

 

 

2日目:8月2日

早朝、教員、大学院生、アクティブな学部4~6年生が、毎年恒例の早朝ランニングへ出かけました。長野県のひんやりとした朝の空気を味わいながら、どこまでも広がる壮大な山々や田園風景を楽しむことができ、とても気持ちの良い朝となりました。

朝食後、黒部ビューホテルを出発し、2日目最初の目的地である鷹山ファミリー牧場へ向かいました。道中でのバスレクではお絵描き伝言ゲームを行い、1日目同様笑いが絶えない車中となりました。牧場では最初に、乳しぼり体験を行いました。大きな牛の迫力に圧倒されながら恐る恐る牛乳を搾っている様子が印象的でした。本来なら仔牛が飲む牛乳を、人間が食料として利用している現実に、感謝の気持ちを改めて感じました。次に、ソーセージとバター作り体験を行いました。ソーセージ作り体験では、牛肉に味付けをし、腸に詰める作業を1組2、3人に分かれて行いました。一定の太さを保つ作業に苦戦しながらも、上手に協力しながら楽しく作ることができました。バター作り体験では、牛乳のみが入った容器を8分間上下に高速で動かし、腕の痛みに耐えながら全員がバター作りを成功させることができました。できたソーセージやバターはとても新鮮で、自分で作った分、美味さも格別でした。最後の魚のつかみどりでは、川に放流されたニジマスを素手でつかみ、それをそのまま炭火で焼き、新鮮な魚の味を堪能しました。この牧場では、食材を一から準備し調理することの大変さを実感することができました。

最後の目的地のオルゴール記念館すわのねでは、事前に各自が選んだ曲でオルゴール作りを体験しました。音の調節が意外と難しく、全員が悪戦苦闘していました。完成したオルゴールの心地よい音色が心を癒しました。

帰りのバスでは、サービスエリアで休憩をはさみながら、談笑やDVD鑑賞を楽しみ、名古屋への帰路に着きました。

ゼミ旅行を振り返り、配属されたばかりの4年生も含め、全員が終始笑顔で旅行を終えることができました。全員が同じ体験をすることで、親睦が深まり、非常に楽しく過ごすことができたと思います。長野県の大自然と温泉で心も体もリフレッシュすることができ、今後の研究室活動により一層励むことができそうです。怪我やトラブルもなく、無事に名古屋に帰ってくることができ、思い出に残るとても楽しいゼミ旅行となりました。

(報告者:桒名諒美、添田光輝)

2017年7月29~30日

名城大学オープンキャンパス2017

「名城大学オープンキャンパス2017」が、名城大学薬学部八事キャンパスにて開催されました。

当部門は、教員の指導の下に、研究員、大学院生、および学部4~6年生が衛生化学研究室のアドバンスト学生と共に、来校された高校生やご父兄に対して「医薬連携薬学教育」では本学部の薬学教育の特徴を動画やポスターで説明し、「薬剤師業務の体験コーナー」では注射薬調製のデモンストレーションと実体験を2日間行いました。「医薬連携薬学教育」では、①アドバンスト臨床研修および②多職種連携教育(IPE:Inter-Professional Education)について動画やスライド、ポスターを用いて説明しました(大学院生と学部6年生担当)。「薬剤師業務の体験コーナー」では、①閉鎖式薬物移送システムによる抗がん剤調製のデモンストレーションおよび②クリーンベンチでの注射薬調製の実体験を行いました(研究員・大学院生と学部4・5年生担当)。昨年に引き続き2日とも多数(2日間で320名以上)の高校生やご父兄が参加し、「注射薬調製の体験をするのは初めてで緊張したが楽しかった」「薬剤師の仕事に興味が湧いた」「薬学部について気になっていたことを聞くことができ、参考になった」などの感想をいただき、注射薬調製の体験に再度来られる方もおり、大変好評でした。高校生にも分かりやすい説明を常に意識し、考えることで自身も成長することができました。今回のオープンキャンパスを通して、参加者が薬学部について理解を深め、将来の進路を考える上で参考になれば幸いです。

(報告者:磯村優希)

2017年5月16~17日

米国サンフォード大学薬学部から臨床研修生 John Charles Thomas Jrさんが名古屋大学医学部附属病院および病態解析学Ⅰを訪問

米国サンフォード大学薬学部4年生 John Charles Thomas Jrさんが、日本における臨床薬学教育研修の一環として、名古屋大学医学部附属病院(名大病院)および病院内に設置された名城大学薬学部サテライトセミナー室病態解析学Ⅰにて臨床研修を実施しました。

○16日午前

1)当部門・メンバー紹介:サテライトセミナー室にて当部門のメンバーがそれぞれ自己紹介し、吉見 陽助教が当部門の活動や研究内容、日本の薬学部のカリキュラムについてスライドで説明しました。臨床研修生がそれぞれの紹介内容について気になる点を質問するなど、和気あいあいとした雰囲気の中でメンバー紹介が行われました。

2)日本文化Ⅰ(ウェルカムパーティ):臨床研修生に和食文化を理解してもらうため、昼食におにぎりやいなり寿司などを用意しました。臨床研修生は、はしを上手に使いながらいなり寿司やオードブルの唐揚げを堪能し、好きな日本のマンガやアニメ、日本滞在中の週末の予定について会話が弾みました。いなり寿司が大好評で機会があればまた食べたいと希望していました。

○16日午後

3)臨床研修Ⅰ(アドバンスト活動紹介):アドバンストコースの学部6年生4名が名大病院の精神科/親と子どもの心療科、血管外科/歯科口腔外科/皮膚科/総合診療科、腎臓内科/泌尿器科、および呼吸器内科/呼吸器外科の病棟の特徴、薬物治療の効果や副作用のモニタリング、カンファレンス参加など、病棟薬剤師の活動内容を説明しました。その後、各病棟での症例発表を行いました。

4)臨床研修Ⅱ(病院内見学):名大病院内の薬剤部や外来化学療法室などを見学しながら、名大病院の概要や薬剤師の役割について説明しました。麻薬室の見学時に、米国では突発性疼痛に対して医療用麻薬の速放性製剤であるオキノーム散が使用されるのは稀であり、一般的に錠剤や注射剤を使用するということを知りました。オキノーム散に関わらず米国では粉末製剤を使用することが稀であることを学びました。

 

○17日午前

1)日本文化Ⅱ(書道と和菓子):日本の伝統文化の紹介として、書道を行いました。臨床研修生に漢字の意味を教え、学部生が横で手本を見せながら、気に入った漢字を書いてもらいました。臨床研修生の名前も気に入った当て字を選んで書いてもらい、学部生はそれぞれ自分の名前を書いて記念撮影を行いました。臨床研修生は小筆で漢字の意味やサインを書くなど、楽しそうに書道に取り組んでいました。その後、数種類の和菓子から気に入ったものを選んでもらい、急須で淹れた緑茶と和菓子を楽しみました。

○17日午後

2)臨床研修Ⅲ(臨床研修生によるサンフォード大学の紹介):サンフォード大学薬学部での薬学教育やキャンパスライフについて、臨床研修生にヘルスケアイベントの写真などを提示しながら紹介してもらいました。1年次から医薬品情報学や病態生理学などを学び、高学年になるにつれて内容がより臨床的になると言っていました。臨床研修生の所属するクラブ活動の一環として、薬学生が血圧値や血糖値の測定を行う健康診断などに参加しており、大学の講義以外にも積極的に臨床経験を積んでいました。

3)臨床研修Ⅳ(病棟見学):臨床研修生は米国での長期の病院実習を行う前であり、より詳細に病棟薬剤師の業務内容や各病棟の特徴を紹介するために、血管外科/歯科口腔外科/皮膚科/総合診療科の混合病棟および精神科/親と子どもの心療科の病棟を見学してもらいました。血管外科/歯科口腔外科/皮膚科/総合診療科の混合病棟では、病棟での注射剤の管理方法について実際に注射カートを見せながら説明しました。精神科/親と子どもの心療科では、ホールや中庭にて作業療法として、塗り絵やストレッチ、卓球などを行うこと、興奮状態にある患者は、一時的に保護室に隔離されることがあり、他の病棟とは異なる設備や病室があることを説明しました。短い時間ではありましたが、日本の病棟薬剤師の活動や各病棟の特徴について病棟を回ることで理解してもらえた様子でした。

2日間という短い期間でしたが、日本文化の紹介などを楽しみながらも、臨床研修生による米国の薬学教育の紹介などを通して薬物治療や米国の薬学教育について学びました。臨床研修生のように積極的に実習や研究活動に取り組み、今後の学生生活をより一層充実させていきたいと感じました。

(報告者:磯村優希)

2017年4月18~19日

米国アリゾナ大学薬学部から臨床研修生Sierra K. Fungさん、Jackie Huさんが名古屋大学医学部附属病院および病態解析学Ⅰを訪問

米国アリゾナ大学薬学部4年生 Sierra K. Fungさん、Jackie Huさんが、日本における臨床薬学教育研修の一環として、4月10日~5月4日まで来日しました。4月10日~4月14日の5日間、神戸学院大学薬学部での臨床研修後、4月17日~5月2日の15日間、名城大学薬学部にて臨床研修を行いました。4月18日~4月19日の2日間、名古屋大学医学部附属病院(名大病院)および病院内に設置された名城大学薬学部サテライトセミナー室病態解析学Ⅰにて臨床研修を実施しました。

〇18日午前

1)当部門・メンバー紹介:サテライトセミナー室にて当部門のメンバーがそれぞれ自己紹介し、野田幸裕教授、吉見 陽助教がそれぞれ当部門の活動や研究内容、日本の薬学部のカリキュラムについてスライドで説明しました。米国の薬学部(Pharm Dコース)のカリキュラムにまで会話は拡がりました。その中でも米国の薬学部では1~3年目には長期療養施設(45時間)、病院(120時間)、薬局(120時間)でのIPPE(Introductory Pharmacy Practice Experiences)、4年目には様々な臨床施設(42週間)でのAPPE(Advanced Pharmacy Practice Experience)が実施されます。この様に、米国では日本よりも実務実習期間が長く、より臨床を重視した薬学教育のもとで知識・技能・態度を深めていることを知りました。

2)日本文化Ⅰ(ウェルカムパーティ):臨床研修生に和食文化を理解してもらうため、昼食におにぎりやいなり寿司などを用意しました。おにぎりについて英語で説明しながら、実際に握ってもらいました。また、日本で流行しているキャラクター弁当を知ってもらうために、いなり寿司をチーズや昆布でデコレーションしてもらいました。それぞれ大変楽しんでもらえた様子でした。アリゾナでの和食に関するエピソードやこれまで日本で堪能した和食について和やかな雰囲気で、和食文化について理解を深めてもらいました。

〇18日午後

1)臨床研修Ⅰ(体験実験):当部門の医薬統合研究の重要性を理解してもらうために、ジェノタイピング(遺伝子型判定)やウェスタンブロッティング(タンパク質の検出)を体験してもらいました。ジェノタイピング体験では、アガロースゲルへのマウスDNAサンプルの注入を行い、最初はピペット操作に苦戦していました。体験していく中で次第に手技は上達し、結果を判定することができました。日本の薬学部のカリキュラムにおいて、このような実験実習が必須科目であり、薬剤師の資格を取得するために、実験実習の知識が必要であることを紹介しました。米国の薬学部(Pharm Dコース)の入学要件や授業において、実験実習が必須科目ではないことから、日本の薬学部との薬学教育制度の違いについて理解を深めてもらいました。

2)臨床研修Ⅱ(病院内見学):名大病院内の薬剤部や外来化学療法室などを見学しながら、名大病院の概要や薬剤師の役割について説明しました。薬剤部の見学において、米国では注射剤や輸液を薬剤師ではなくテクニシャンが調製するため、日本では薬剤師が調製していることに驚いた様子でした。米国の薬剤師が日本の薬剤師以上に患者面談など患者に直接関わる時間に重点を置いていることを改めて実感しました。

3)臨床研修Ⅲ(アドバンスト活動紹介):アドバンストコースの学部6年生4名が名大病院の精神科/親と子どもの心療科、血管外科/歯科口腔外科/皮膚科/総合診療科、腎臓内科/泌尿器科、および呼吸器内科/呼吸器外科の病棟の特徴、薬物治療の効果や副作用のモニタリング、カンファレンス参加など病棟薬剤師の活動内容を説明しました。その後、各病棟での症例発表を行いました。高カリウム血症の治療に関して、米国ではポリスチレンスルホン酸カルシウムの散剤または錠剤で治療を行うため、日本で使用されているゼリー製剤に興味をもっていました。

4)日本文化Ⅱ(ショッピングと夕食):名古屋駅に新しくできたJRゲートタワー内の服屋やキャラクターグッズの専門店などをウィンドウショッピングし、かわいいキャラクターグッズに癒されていました。夕食は臨床研修生念願の味噌カツや台湾ラーメン、きしめんなど名古屋めしを堪能し、大変喜んでいました。

 

〇19日午前

1)臨床研修Ⅳ(臨床研修生による症例発表):臨床研修生より膵炎の既往を持つ糖尿病患者に対するGLP-1(glucagon-like peptide-1)受容体作動薬の使用および小児の感染性心膜炎に対する抗菌薬の使用についての症例報告を行ってもらいました。ガイドラインに基づいた治療の重要性や自ら情報収集し、吟味して患者の治療に取り入れていくことの重要性を実感しました。今後も情報に敏感に、貪欲に学び続けたいと思いました。

〇19日午後

1)日本文化Ⅲ:臨床研修生をリーダーにしたチーム対抗にて、日本の伝統文化や和菓子、建物などに関するクイズ当てゲームや折り紙を行いました。出題の題材となった「かりんとう」や「金平糖」などは実際に試食してもらい、折り紙は鳥や手裏剣、鶴などを実際に作製してもらいました。細かい折り込み作業に苦戦しながらも、きれいに作製できた折り紙を手に集合写真を撮り、楽しい時間を過ごしました。

2)臨床研修Ⅴ(病棟見学):サテライトセミナー室にて、名大病院の電子カルテについて説明しました。その後、精神科/親と子どもの心療科にて、病棟施設や病棟での薬剤師の仕事を紹介しました。名大病院では精神科病棟内に大人と小児が一緒に入院していますが、Banner University Medical Center Tucsonでは別々の病棟に入院していること、名大病院と同様に年齢に応じた専門医による治療が行われていることを学びました。DIEPSS(薬原性錐体外路症状評価尺度)に基づいた錐体外路症状のモニタリングや処方された薬の説明などの患者面談を行っている様子を臨床研修生に見学してもらいました。面談した患者には、睡眠改善のために使用されるクエチアピンが処方されていましたが、その処方の代わりにジフェンヒドラミンはどうかなど薬剤選択について話し合いました。常に患者に対する処方薬の妥当性を吟味し、他者と意見を交えることが、様々な観点から患者に最適な薬物療法を考え、提供することに繋がります。これはチーム医療においても重要であり、今後活かしていきたいと思いました。

今回、海外臨床研修生と日米の教育制度、薬物治療、および病院薬剤師業務について意見交換することで、米国の薬学部(Pharm Dコース)では日本の薬学部以上に実務実習に重きを置いた薬学教育であることを知りました。米国の薬剤師業務は患者面談など患者と向き合う時間が多いことを学び、将来、患者とどのように関わっていけばよいか改めて考えることができた2日間となりました。

(報告者:柳本佳南)

2017年8月6日

くすり教室「尾西生涯学習センター 愛知」

尾西生涯学習センターにて 、一宮市薬剤師会との 共同企画として「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室:実験講座」を開催しました。170806 NPO

2017年8月5日

くすり教室「名城大学八事キャンパス 愛知」

名城大学八事キャンパスにて、「名城大学公開講座 家族と学ぼう!くすり実験教室」、「くすり教室」を開催しました。170805 NPO