名城大学理工学部 応用化学科 永田研究室
トップ 教育 研究 プロフィール アクセス リンク キャラクター ブログ
トップ  >  ブログ

 

ブログ「天白で有機化学やってます。」 ブログ「天白で有機化学やってます。」

阪大医学部がこれではあかんでしょ…2017/09/25(月)

阪大医学部教授・仲野徹先生のツイートを見て、ちょっと凹みました。

元々の記事は、「『スーパーグローバル』大学創成支援事業:二兎を追うものは一兎をも得ず」です。筆者のスティーブン・ギブンズ氏は、米ニューヨーク州弁護士で、長く東京で活動され、現在は上智大学法学部で教授職に就かれています。上で引用された「日本人の学部生」に対するコメントは、ご自身の教壇での経験を踏まえたものと思われます。それに対して、阪大教授の仲野先生も同意するほかない、と。阪大医学部の学生って、そんなに講義に出ないんですか…。

念のために書き添えておくと、仲野先生の研究室ウェブサイトや他のツイートを拝見すると、先生ご自身は「さぼっている奴は許さない」という姿勢で教育に臨んでおられます。試験は相当厳しいようだし、講義にもおそらく熱心に取り組んでおられるはずです。それでも学生を振り向かせることは容易ではない。「大学にこういった視点はまったくありません…」という先生の嘆きは、「教員が一人でできることには限界がある、やはり大学全体として『学生に真面目に授業を受けさせる』という取り組みが必要だ」という意味だと理解しました。

中堅以下の大学は、出席についてもっと厳格です。授業で出欠をとるのは当然だし、ある回数以上休んだら試験の受験資格がなくなります(欠格)。うちの大学では欠格の最終判断は担当教員に任せられてはいますが、原則「欠格になる」のが標準です。上位の大学になるほど、「学生の自主性を重んじるべきだ」という教員側の考えが優先されて、「欠席が多いと欠格」などという厳しい姿勢はとられなくなるものと思われます。

自主性を重んじるのは美しい考え方なのですが、それを優先するなら、「講義を聴くのと聴かないのとで理解度が大きく変わる」講義をしないといけない。上位大学の学生は頭がいいので、「そこそこ」の講義では教科書を読むのと大して変わらないレベルと感じるでしょう。だから「別に講義なんか聴かなくてもよくね?」となってしまうわけです。しかし、質の良い講義を提供するためには、準備に多大な労力が必要です。上位大学の先生方は軒並み非常に忙しいので、講義にそこまで手が回らない、というのが正直なところなのではないでしょうか。

簡単な処方箋があるわけではありませんが、「学部教育の充実なくして大学の質の向上はあり得ない」という認識は持っておきたいものです。といっても、研究もやれ・プロジェクトの提案や報告もやれ・海外交流もやれ・学部教育もちゃんとしろ、では、現場はパンクしてしまいます。現場で質のよい教育が提供できるように、運営側(大学理事会とか)は知恵を絞っていただかないとな、と思います。上(文部科学省)ばっかり見てないでね。

「元素をめぐる美と驚き(上・下)」(H. A. ウィリアムズ著)2017/09/20(水)

いやあ、これはすごい本だ。各章でほぼ1つの元素をとりあげて、歴史・地理・文学・絵画・映画など、文化のほとんどあらゆる分野の話題をちりばめて論じています。読むのに大変な教養が要求されますよ。私は力不足を痛感しました。ついていけない話題が多いんだもの。

著者はロンドン生まれで、ケンブリッジ大学で自然科学を学んだ後、ジャーナリストとなって科学・デザイン・建築についての書物を著しているとのこと(本書の著者紹介による)。文章はいかにもイギリスの教養人らしく、控えめな筆致で、ややもったいぶっていて、ひっそりとユーモアを漂わせています。各章の終り方がとても特徴的です。たいてい「ぷつっ」と突然終わるんだけど、妙に余韻が残ります。こういう文体、私は好きですね。

解説の佐藤健太郎さん(サイエンスライター)も書かれていますが、こういう博覧強記の権化のような本は、なかなか日本人には書けないんじゃないでしょうか。なんというか、一般教養の圧倒的な差を感じます。日本では「(知識の)守備範囲が広い」というのがあまり尊敬の対象にならない、という文化的背景もあるのかもしれません。

ちょっと質が違うんですが、D. ホフスタッター氏の名著「ゲーデル・エッシャー・バッハ」の訳者が、「これは肉食民族にしか書けない本だ」と評していたのを思い出します。なんか、「分厚い」んですよね。物理的にも内容的にも。世の中うすっぺらい本が多いんで、たまにはこういう本と格闘してみるのもいいかと思います。

ソニーの Digital Paper DPT-RP1 を買った2017/08/30(水)

ソニーの Digital Paper DPT-RP1 を買いました(型番が覚えられん…)。

なぜ必要性を感じたかというと、研究室で学生と個別にディスカッションしているとき、手元の紙にメモ書きをしながら話を進めるわけです。このメモは当然学生と私とで共有しておかないといけません。昔はカーボン紙を使っていたのですが、さすがに前時代的過ぎるので、最近はメモをスキャナで PDF 化して、原本を学生に渡すようにしています。

問題は、私の手元にある PDF をどう参照するかです。一人で見るときにはパソコン上で見ればいいのですが、学生と2人でメモを見ながら議論したい時があります。こういうときは、やはり「テーブルの上に水平に広げられる」のが都合がいい。結局、PDF を改めてプリントアウトして、その紙を見ながら議論することになります。そうすると、一年で400枚ぐらい、ディスカッション記録の紙が溜まってしまうわけです。これはどうもまずいなと思いました。

そこで Digital Paper です。表示はモノクロだけど、「印刷物と同じように表示する」ことに特化しているので、タブレットの画面みたいにテカテカしてません。

解像度は相当高いです。下の写真だと、IR のスペクトルがガタガタしているのは元文書のせいで、その上の明朝体の文字を見てもらうと解像度の高さがわかるでしょう。ちなみに、図のように書き込みもできます。私はあんまり使わないけど。

本体は非常に薄く、また表示面と枠の間に高さの差がほとんどありません。このため、書き込みも紙の上と同じような感覚でできます(あんまり使わないけど)。

操作性はまずまずです。ときどき、反応が悪かったり、表示が妙にギザギザだったり、「あれ?」と思うこともあります。そのうち改善されることを望みたいですね。

ちなみに、ファイルの転送には純正の "Digital Paper App" が必須です。これの使い勝手もちと微妙です。USB ストレージで認識できるようにしてくれれば簡単だったのに。なお、Mac の場合、OS は 10.10 以上が必須です。私はこのために、10.8 から 10.11 にアップグレードしました。

価格は、大学生協で 86,000円。安い買い物ではなかったので、これから使いたおさないといけません。

有機化学2の成績(確定版)2017/08/29(火)

前期試験の結果は、すでにみなさんに公開されていると思います。有機化学2の成績について報告します。今回の成績分布は下の通りです。(前回はこちら

速報でもお伝えしたとおり、試験の出来は非常に悪かったです。例年は、採点したときに感じる「ああ、これは合格レベルだな」「これはちょっと足りないな」というボーダーラインが、実際の合格点にだいたい反映されているのですが、今回は、採点しながら「このぐらい書けていれば合格レベルだな」と感じた人が実際には50点台だったことが多くありました。このため、「50〜85点」が「60〜90点」になるように、成績を調整しています。

もちろんこういう調整は好ましいことではなく、本来は「これは合格」というボーダーが正確に60点に来ないといけません。そういう意味では今回は試験の作り方に失敗したということで、受講者のみなさんには申し訳なかったと思っています。

その点はお詫びをするとして、皆さんにやはり伝えておきたいことがあります。問題が難しかったとはいえ、ここまで歯が立たなかったというのは、「ごく浅い理解で放置している」ということなんですね。たとえば、グリニャール試薬とエステルの反応や、アルドール縮合に関する問題が、まるっきり白紙の人がいるわけです。答えがわからなくても、反応式ぐらい書けるだろ。反応式を書いてそれをじっと見つめていれば、そこから見えてくるものが何かあるだろ。今回高得点の人は、そうやって答えをひねり出してきています。反対に、何も書けなかった人は、これまでの半年間の勉強で、そういう手順を踏んできてないわけですよ。「この問題はこういう方法で答えを出せばいい」という、資格試験みたいな対策しかしてないから、そうなってしまうんです。

なお、私は定期試験の採点では部分点をかなり手厚くあげているので、上の2つで「反応式が書いてある」だけで、たぶん7〜8点はプラスされていると思います。それができてない人が多かったのも、今回極端に点が低かった一つの原因です。

これは何度でも繰り返して言いたいことですが、大学生である間に「ものごとを考える枠組み」を自分の中に構築していかないといけないんです。サークル活動やアルバイトも結構だけど、「大学の学費を払っている間にやるべきこと」なのかどうか、真剣に自問しないといけない。とにかく、もっと考えよう。結論が出なかったとしても、とにかく考えよう。

「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(魚住りえ著/東洋経済新報社)2017/08/07(月)

話し方って、大事ですよね。人同士でコミュニケーションをとる手段として、一番よく使われて、しかも効果的なのは、対面で話をすることです。このときに、相手によい印象を持ってもらうことができれば、コミュニケーションは格段にスムーズになります。

この本、「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」の著者、魚住りえさんはアナウンサーです。その経験を元にして、「伝わりやすい声の出し方」を具体的に教えてくれます。声だけではなくて、抑揚のつけ方や、間の取り方などにも触れられていますし、「上体を動かさない」などの姿勢の話もあります。「具体的に」というと、ちょっと言い過ぎかな。というのも、「声」や「間」、「姿勢」などは、書かれた文章だけで伝えることが非常に難しいものです。本書にも、いきなり最初の方に「いいコーチにつくことが大切です」と書いてあって、それならこの本はなんなんだよ、とツッコミを入れたくなるところでもあります。まあ、そうは言っても、その難しい内容をなんとか文章で伝えようと、いろいろ工夫をこらしてはあります。個人でスピーチトレーナーをつけることができる人は限られていますので、それ以外の「普通の人」にとってはありがたい書籍と言えるのではないでしょうか。

「伝わりやすい話し方」というと、アナウンサーや政治家、それから教員(!)のように、多数の人の前で話すことをイメージするかもしれません。けれども、普通に1対1で話す場合でも、声が(適度に)大きくて聞き取りやすければ、会話がスムーズに進みやすくなります。同じ内容を話していても、内容が相手によく伝わっている場合とあまり伝わっていない場合では、情報発信の能力が大きく違ってきます。話し方の技術が高まれば、自分を認めてもらえるチャンスもそれだけ大きくなるわけです。人との会話がどうも苦手だな、と思っている人は、この本で声の出し方を少し練習してみませんか。少し自信が持てるようになるかもしれませんよ。

次の記事: 有機化学2の試験(速報)

記事一覧: 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年