名城大学理工学部 応用化学科 永田研究室
トップ 教育 研究 プロフィール アクセス リンク キャラクター ブログ
トップ  >  ブログ  >  有機化学1の成績

 

ブログ「天白で有機化学やってます。」 ブログ「天白で有機化学やってます。」
< オンライン講演会 | ブログトップ | ディスカッション記録のデジタル化 >

有機化学1の成績2021/02/24(水)

だいぶ遅くなりましたが、後期の定期試験の成績集計を出しておきます。1年生配当の有機化学1です。(前回はこちら

去年と同様に、小テストの点数と成績の間には、明確に相関があります。小テストの点数が低いことは、「理解が不十分である」ことを示しています。「小テストが悪くても、本番で挽回すればいいや」という甘い考えは全く成り立たないことがわかります。小テストの点数が低い人は、普段からちゃんと危機感を持って取り組まないといけないよ、ということですね。

なお、再履修で受講した人の平均点は 84.3 点でした。この人たちの「前回不合格だった時の点」の平均は 50.0 点だったので、30点以上も点数を上げたことになります。「もう一回受講しても受かるんだろうか……」と不安に思っていた人もいたようですが、結果的には大丈夫だったわけです。去年不合格だった人の中には、部活や体調不良などで満足に勉強できなかった人もいるし、一生懸命やっていたのに合格に届かなかった人もいました。それでも、もう一年一生懸命やれば、ちゃんと届くんですよ。今回不合格だった人も、来年以降に再チャレンジしてください。

大学を卒業するというのは、こういう地道な努力を124単位分積み上げていく、ということです。自分の力を信じましょう。

また、授業アンケートに回答してくださったみなさん、ありがとうございました。今回は回答率が少し低くなって、40%台でした。回答してくれた人は、もともと熱心に取り組んでくれていたようで、評価点は高かったのですが、回答しなかった人の評価も含めたらどうなのかな、というところです。「無回答率」がほぼ「授業に関心を持てなかった割合」であると自省して、今後の改善につなげていきたいと思います。

高分子化学1の講義も担当しましたが、これは今年度限りなので、今回は集計していません。

< オンライン講演会 | ブログトップ | ディスカッション記録のデジタル化 >