医療の安全に関する研究会
   >> トップページ >> 研究会規約


医療の安全に関する研究会規約

第1章 総則

第1条(名称)
本会は医療の安全に関する研究会(以下研究会という)と称する。

第2条(事務所)
研究会の主たる事務所は、当分の間、愛知県内におく。

第2章 目的及び事業

第3条(目的)
研究会は、安全な医療を提供したい、医療の安全を確保したい、安全な医療を受けたいと考えるすべての人びとによって構成され、医療の安全について個別的かつ総合的に研究し、その成果を公表し、もって「医療の質の向上」「患者の権利の確立」「医療制度の改善」を図り医療の安全を高めることを目的とする。

第4条(事業)
研究会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
1)医療の安全を確保するために必要なことがらに関する調査活動。
2)医療の安全に関する諸外国のシステム等の研究活動。
3)医療の安全に関する情報収集。
4)医療の安全に関するガイドラインの作成・提言。
5)医療の安全を高めるための研修会の開催。
6)医療の安全を高めるために役立つ出版活動。
7)その他、研究会の目的を達成するために必要な事業。

第3章 会員

第5条(会員)
研究会の会員は、この会の目的に賛同して入会したすべての個人をもって組織する。

第6条(会員の入会)
研究会の会員になろうとする者は、所定の入会申込書を提出しなければならない。

第7条(会員の義務)
1)会員は、年会費を納めなければならない。
2)会員は理事会が定めるプライバシーの保護等に関する倫理規定を遵守しなければならない。

第8条(会員の退会)
会員で退会しようとするものは、理事長にその旨届け出なければならない。但し、会員が死亡した時、または会費を2年以上滞納した場合には、退会したものとして取り扱うことができる。

第9条(会員の除名)
会員が研究会の名誉を傷つけ、又は研究会の目的に反する行為のあったときには、理事会において全理事の3分の2以上の議決を以てこれを除名することができる。

第4章 役員

第10条(役員の種類)
研究会は、次の役員を置き、任期は2年とする。但し、新たに役員が選任されるまでは引き続き役員としての職務を行うものとする。尚、再任を妨げない。
1)理事長 1名 2)常任理事 若干名 3)理事 10名以上 4)監事 2名

第11条(職務)
役員の職務は以下の通りとする。
1)理事長 研究会を代表し、会務を統括する。
2)常任理事 常任理事会を組織し、研究会の日常業務を執行する。
3)理事 理事会を組織し、研究会の年間事業計画、予算計画を含む研究会運営についての基本的事項を協議・議決する。この規約に定めない事については、理事会において定める。
4)監事 研究会の業務を監督し理事会に報告する。

第12条(役員の選出)
役員の選出は次の通りとする。
1)理事及び監事は、総会において選出・決定する。
2)理事長及び常任理事は、理事会において選出・決定する。

第5章 会議

第13条(会議の開催)
1)研究会の運営のため、次の会議を開催する。会議は、理事長が召集し議長となる。
(1)総会(年1回以上) (2)理事会(年2回以上) (3)常任理事会(年3回以上)
2)各会議は当該構成員の4分の1以上の出席をもって成立する。ただし、総会については、当該構成員の10分の1以上の出席をもって成立する。
3)議決は出席者の過半数をもって決定し、可否同数の時は議長の決するところによる。
4)会議に出席できない会員は、あらかじめ議事について書面をもって表決し、又は他の構成員を代理人として表決を委任することができる。これらの場合においては、第2項及び第3項の規定の運用については、出席したものと見なす。
5)理事長は、会員の5分の1以上から会議に付議すべき事項を示して総会の招集を請求された場合には、1カ月以内に総会を招集しなければならない。

第14条(専門分野別研究会)
1)研究会では、各科ごと・専門分野ごと又は、各テーマごとの研究会を適宜開催することができる。
2)理事長は、各科・各専門分野又は、各テーマ別研究会に属する理事と協力して、専門分野別又はテーマ別研究会が充実するように努めなければならない。

第15条(地区別研究会)
1)研究会では、各地方ごとに、地区別研究会を適宜開催することができる。
2)理事長は、各地区に属する理事と協力して地区別研究会が充実するように努めなければならない。

第6章 資産及び会計

第16条(資産)
研究会の資産は次の通りとする。
1)会員の会費
2)事業に伴う収入
3)その他の収入

第17条(資産の管理)
資産は、理事長が管理し、その方法は理事会の議決により定める。

第18条(経費の支弁)
研究会の経費は、会員の会費、事業に伴う収入等によって支弁する。

第19条(予算及び決算)
研究会の収支予算は年度開始後3カ月以内に理事会の議決を経かつ総会の承認を受けてこれを定め、収支決算は年度終了後3カ月以内にその年度末の財産目録とともに、理事会の承認を経て総会の承認を得なければならない。

第20条
研究会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第7章 規約の変更並びに解散

第21条(規約の変更)
この規約を変更しようとする時は、理事会において全理事の3分の2以上の議決を経、かつ総会において出席会員の過半数の同意を得なければならない。

第22条(解散)
研究会の解散は、理事会において全理事の4分の3以上の議決を経、かつ総会において全会員の3分の2以上の同意を得なければならない。

第23条(解散に伴う残余財産の処分)
研究会の解散に伴う残余財産の処分については、理事会が決定する。

第8章 補則

1、研究会は1995年12月9日に発足する。
2、研究会の発足当時の会員、理事等は、別紙各名簿の通りとし、理事等の任期は、1996年3月31日までとする。
3、研究会の発足初年度の事業計画及び収支予算は発足総会の定めるところによる。
4、研究会の発足当初の会計年度は1995年12月9日から1996年3月31日までとする。
5、2000年6月24日改正




医療の安全に関する研究会 事務所
〒461-0001 名古屋市東区泉1丁目1番35号 ハイエスト久屋6階 センター気付
TEL: 052-951-3931 FAX: 052-951-3932
URL:http://www2.meijo-u.ac.jp/~sakai/iryou-anzen/index.htm


2002 Company name, co,ltd. All rights reserved.