医療の安全に関する研究会
   >> トップページ>> 大会情報

医療の安全に関する研究会
第21回研究大会

  
医療事故調査と医療の安全を考える
(第2弾)
  
大会長 北野達也(星城大学大学院健康支援学研究科医療安全管理学講座教授)
加藤良夫(南山大学法科大学院教授 弁護士)       
 
研究大会チラシおよびニューズレターは
以下の右のリンクからダウンロードできます
 
 ⇒ 研究大会ご案内PDF版  ⇒ ニューズレター36号PDF版


日時:2016年12月11日(日) 9:55~17:10
場所:ウインクあいち 5階 小ホール2(定員200名)(名古屋市中村区名駅4-4-38)
参加費:一般2,000円 会員1,500円 学生 無料

どなたでも参加できます。
郵便振替(口座番号:00870-7-104540
名義:医療の安全に関する研究会)にて参加費をお振り込みください。
「参加証」をお送りします。
当日参加も可能ですが、できるだけ事前申込をお願いします。



 プログラム 

 9:30 受付開始
      総合司会 齋藤悦子(穂の香看護専門学校学校長)

 9:55 開会の挨拶 島田康弘
      (医療の安全に関する研究会理事長、名古屋大学名誉教授)

10:00 基調報告「医療事故調査制度について」
      増田聖子(増田・横山法律事務所 弁護士)

10:20 大会長講演 医療事故調査と医療安全
      座長長 酒井順哉(名城大学大学院都市情報学研究科保健医療情報学教授)
     「あるべき医療事故調査制度を考える
     -国土交通省における事故調査を踏まえて-」
     北野達也(星城大学大学院健康支援学研究科医療安全管理学講座教授)

     「市民・医療被害者に期待されるもの」
     加藤良夫(南山大学法科大学院教授 弁護士)

11:25 特別講演「医療被害者の活動と医療の安全」
     座長 堤  寛(藤田保健衛生大学医学部病理学教授)
     勝村久司(医療情報の公開・開示を求める市民の会世話人)

12:25 〈昼食休憩〉
13:25 シンポジウム「医療事故調査が医療の安全に
     繋がっていくために何をなすべきか」
     (コーディネータ)加藤良夫・北野達也
     (シンポジスト) 
      稲垣克巳(医療被害者家族 『克彦の青春を返して』著者)
      永井裕之(医療の良心を守る市民の会代表)
      宮脇正和(医療過誤原告の会会長)
      出元明美(陣痛促進剤による被害を考える会代表)

17:00 次期大会長挨拶 
     杉浦伸一(同志社女子大学薬学部医療薬学科教授)

閉会の挨拶 大会長

 



 公共機関による会場へのアクセス 
 
ウインクあいちへのアクセス  http://www.winc-aichi.jp/access/

<電車をご利用の場合>
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
◎JR名古屋駅桜通口から
 ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

※名駅地下街サンロードからミッドランドスクエア、マルケイ観光ビル、名古屋クロスコートタワーを経由 徒歩8分
  

 


☆ 医療の安全に関する研究会 大会記録 ☆
大会経緯 大会テーマ 大会長 開催日 開催場所 プログラム
概要
第20回 医療事故調査と医療の安全を考える 北野達也
加藤良夫
2015年
12月13日 
ウインクあいち小ホール2
第19回 患者同士の支え合い、患者と医療者の協力による暗視の医療 堤 寛 2014年
12月7日 
藤田保健衛生大学病院 フジタホール
第18回 AEDは有効に活用できているか
~安全利用のために必要な普及啓発活動~
酒井順哉 2013年
11月30日 
名城大学天白キャンパス
名城ホール
第17回 安全安心安心のための在宅医療と介護の連携 加藤 憲 2012年
12月15日 
愛知淑徳大学
星が丘キャンパス
第16回  医療の安全管理を考える」
~医療に安全と安心を~
藤原奈佳子 2011年
12月3日 
愛知県立大学
看護学部
第15回  医療安全を捉え直す
~医療事故ゼロを目指して~
北野達也 2010年
12月4日 
星城大学4号館3階
第14回  医療事故を医療の安全につなげるために 増田聖子 2009年
12月12日 
南山大学
名古屋キャンパスB棟
第13回    医療ガスの安全使用を考える
~ 医療現場や在宅医療に潜む諸問題 ~
江場康雄  2008年
11月29日  
 芝浦工業大学
豊洲キャンパス
大講義室 
 
第12回 医療事故と刑事罰 ~刑事罰を問わないのはどういう場合だろうか医療事故の要因を分析し、医療の安全につないでいくためにはどういう考え方と仕組みが必要だろうか~ 加藤良夫 2007年
12月1日
南山大学
名古屋キャンパスB棟
第11回 患者参加の医療安全 ~一歩進めるためには、今何が必要だろうか~ 山内桂子 2006年
12月2日
九州大学医学部同窓会館
第10回 医療事故調査と被害救済 加藤良夫 2005年
12月 10日
名古屋私立大学病院大ホール
第9回 これでいいのか、今の医療~施設から在宅へ、医療の安全を見据えて~ 村松静子 2004年
12月 4日
野口記念会館
第8回 医療の安全に関する教育・研修~安全教育の現状と在り方~ 齋藤悦子 2003年
11月29日
名城大学 天白キャンパス
第7回 医療機器を安全に使うために 酒井順哉 2002年
11月30日
名城大学薬学部八事キャンパス
第6回 医療事故がおきたとき、医療の安全の視点から 堤  寛 2001年
11月17日
はまぎんホール ヴィアマーレ
第5回 在宅における医療・看護・介護の安全を目指して 宮治 眞 2000年
12月 9日
名古屋市立大学 講堂
第4回 在宅医療・看護・介護の安全と課題 池田卓也 1999年
12月11日
大阪大学コンベンションセンター
第3回 医療におけるリスクマネージメント 土屋文人 1998年
12月12日
昭和大学 上条講堂
第2回 薬の安全から医療の安全へ 松葉和久 1997年
12月13日
名古屋市立大学 医学部講堂
第1回 医療の質の評価と安全の確保 松葉和久 1996年
12月14日
名古屋市立大学 医学部講堂
発足会 安全というものの考え方 加藤良夫 1995年
12月 9日
名古屋大学 豊田講堂




医療の安全に関する研究会 事務所
〒461-0001 名古屋市東区泉1丁目1番35号 ハイエスト久屋6階 センター気付
TEL: 052-951-3931 FAX: 052-951-3932
URL:http://www2.meijo-u.ac.jp/~sakai/iryou-anzen/index.htm


2005 医療の安全に関する研究会 All rights reserved.