商品紹介 時系列分析 地域別分析 売れ筋分析 ABC分析 総括 T O P
 






POSとは、Point of Salesの略称であり、「販売時点情報管理」と
訳されます。
一般的にPOSを実現するシステムを「POSシステム」と呼びます。
経済産業省(旧:通産省)では・・・

『POSシステムとは従来のキーイン方式のレジではなく、自動読み取り方式
(スキャニング)のレジスターにより、単品別に収集販売情報、ならびに
仕入、配送などの活動で発生する各種情報をコンピュータに送り、各部門が
有効活用できるような情報に加工し、伝達するシステムであり、いわば
小売業の総合経営システムを意味する。』


と、定義しています。
つまり、商品の販売・支払いが行われるその場で、品名・数量・販売時刻
などの販売データを収集することで、販売動向を把握する仕組み
です。
スーパーマーケットやコンビニエンスストアのレジにおける一般的なPOS
システムは、ストアコントローラーと呼ばれる店舗売上管理コンピュータと、
バーコードスキャナが付いたPOS対応レジスタ(POSターミナル)から
なっており、レジ精算時にPOSターミナルで商品に付いたバーコードを
読み取り、データ収集と価格計算・レシート発行を同時に行います。
これにより、「どの商品を」「どの店舗で」「いつ」「何個」売れたかを、
リアルタイムに把握できるようになります。
また、POSシステムでは、商品の単価はバーコード(商品)にではなく、
ストアコントローラーで管理するため、価格の変更なども容易になるという
効果があります。
そして、天候や他店舗との比較など、他システムと接続して発注や在庫管理
を効率化したり、収集した販売データから売れ筋商品や価格政策などを
分析したりと、あらゆることが出来ます。





これは、大学生協の
  コンビニ「スクエア」で
  撮らせて頂いたレジの
  写真です。キーが
  見えてしまう近距離の
  撮影は出来なかった
  ので小さいですが。
  店長さん、ありがとう
  ございました!!





日本における標準的バーコードの規格はJANJapanise Article Number)
と言います。
POSにおける商品管理は、標準的には13桁の数字を表すバーコードを
利用して行われています。






昨年研究した「お〜い
お茶」のバーコードです。
以下の文章を読む際、
参考にして下さい。












  1. 国コード(2桁)

  2.  日本の場合は49、そして1992年から新たに45も付与され、
     2つのコードを持っています。
  3. 商品メーカー・コード(5桁)

  4.  流通コードセンターが管理している企業コードです。
     つまり、会社名です。
  5. 商品アイテムコード(5桁)

  6.  企業が自由に付ける単品コードです。
     つまり、商品名です。
  7. チェック・デジット(1桁)

  8.  前の12個の数字が正しいかどうかのエラー・チェックをするための
     数字です。

このように、POSにおけるバーコードそのものの中には価格情報は
含まれていません。
JANは「一次元バーコード(旧来型バーコード)」といわれ、高い印刷精度が
要求されます。
最近は旧来型のバーコードに代わる新しいコードとして、「二次元バーコード
(新型バーコード)」が提案されています。
従来型は、情報の書き込みおよび読み取りが水平方向という一方向のみで
あり、取り扱える情報量はさほど多くありませんでした。
これに対して新型は、書き込みや読み取りが面で行われるので、
2000バイト以上という大量の情報量を持たせることができるため、
日本語も取り扱いが可能です。




このシステムのメリットとは??


@詳細性
POSシステムによって収集される情報は、レシート単位の単品別の
販売データです。
いつ、どこで、誰が(顧客の属性コードまたはIDコードの入力が必要)、
何を(JANコード別)購入したかを細かく把握できます。

A迅速性
店舗のPOSシステムを管理するストアコントローラーと通信回線で
つなげば、デイリー(日別)はもちろん、リアルタイムでの情報収集が
可能となります。

B網羅性
POSレジを通過する全商品の販売状況を把握することができます。
また、特定の会社の商品の売り上げを積み上げて、全社規模の好不調の
分析が可能になります。

C拡張性
POSシステムで使用されるJANコードが単品を識別するための共通商品
コードとして存在していること、またレジでの精算データがダイレクトに
コンピュータに入力されることによって、流通情報システム、マーケティング
情報システムなど様々な分野の情報システムとつなげることができます。


このシステムのデメリットとは??

@費用負担増大
ラベリングマシン等の消耗品や備品の増大によって、ラベリングコストが
圧迫されます。また、商品の品揃え台帳等のシステムを正しく運用
するための人件費が増大します。

Aタイムロス
従来型の代金支払い・商品受け取り・お釣り返却の最大3工程だった
ものが、POSシステムでは、さらに商品情報をスキャナーで読み取る・
レシートを打ち出すという2工程が増えることになります。
そのため、急いでいる人にとってはタイムロスになってしまいます。



商品紹介 時系列分析 地域別分析 売れ筋分析 ABC分析 総括 T O P