福井県の雇用


福井県

福井県は北陸の沿岸部に位置し、面積は全国で34位、人口は803,216人と全国で43位と小さな県です。
(出典: 都道府県 人口・面積・人口密度ランキング http://rnk.uub.jp/prnk.cgi?T=p)
しかしながら、福井県は有効求人倍率は28ヶ月連続1位で、失業率も低くなっております。また、幸福度ランキング1位、小・中学生の体力・知力、 長寿、社長数、貯金額、共働き率、持家など様々な分野においてもトップクラスに位置しております。
そのような豊かな人々や生活が浸透している福井県の雇用について分析したいと思います。



福井県の産業


福井県は製造業が盛んで 下の表を見てみると、繊維、電子・デバイス、プラスチック、電気機械、化学が全国平均を大幅に上回っています。 電子・デバイスは業種別製造品出荷額が一番高く、福井県最大の業種となっています。
また、眼鏡産業は福井県の鯖江市を中心に生産され、100年の歴史を持つ、県を代表する地場産業です。
国内における眼鏡枠の生産量の90%以上を占めています




福井県においての有効求人倍率



厚生労働省:http://www.mhlw.go.jp/



グラフをみてわかるように有効求人倍率は全国平均を大幅に上回っております
有効求人倍率に関しては、28ヶ月間連続1位であり、2010年10月以来トップを維持しています

福井県の雇用が好調である主な理由を以下の3つに分けて説明します。



福井の雇用


@福井県の主力産業である繊維、眼鏡などは労働集約型の製造業です。
この労働集約型の産業は労働コストの低い新興国にシフト してゆき、低価格競争に巻き込まれ大幅な規模縮小を余儀なくされました
しかし中国では、賃金の上昇と人手不足の深刻化から、高機能・高品質を要する新製品を中心に日本に生産を回帰する動きがありました。 その結果、労働集約型の製造業は雇用吸収力が高いため生産の回復により求人が増加しています。

また、日本の大手アパレルメーカーは労働コストの低い新興国に生産をシフトを進めてきましたが、やはり高機能・高品質のものを製造するために 北陸に生産地を戻してきています。中国では質の高い労働者を得ることは難しく、日本メーカーの発注の指示が細かく、手間が掛り、 品質にうるさいとして中国に敬遠される傾向があるようです。
これは福井県の労働者の質、勤勉さ、チームワークの良さによって得られたものだと思います。


A福井県は社長数が全国で一番多いことから、。企業数が多いことが言えます。 また、福井県の企業はオンリーワンの技術・製品が多いです。例えば、セーレン(株)は自動車内装材を製造してます。国内ではシェアは1位となっています。また、身近なものとして、道路上にあるカーブミラーを作っている(株)海道工業も国内シェア1位となっています。オンリーワンの技術としては、曇りにくく汚れにくいミラーを開発してます。世界シェア1位の製品としては、福井鋲螺株式会社が製造している蛍光灯ピンがあります。 この他にも福井県の企業で世界シェア1位の製品・技術は14、国内シェア1位の製品・技術は53となっています。
(参考サイト「実は福井」の技 http://info.pref.fukui.jp/tisan/sangakukan/jitsuwafukui/index.html)


B繊維産業分野においては、団塊世代の割合が多いため、退職する時期を迎えている従業員を多く抱えています。 そのため繊維産業では生産が回復したことにより、 多くの人手を要することになり、求人が増加したものと考えられます。

福井県は有効求人倍率が高いばかりではなく、失業率も低くなっております。
失業率が低い理由としては、県外に支店等を持たない中小企業がほとんどを占めているため、転勤の心配もなく、 また、会社数の多いことから有効求人倍率が高く、 そのうえ、チームワークを好む県民性から、良好な雇用環境が築きあげられているのだと考えます。



問題点


福井県は大変求人が多いのですが、その分、必要な雇用者を確保しなければなりません。
現在は女性の就業率が全国2位と高く、その女性と団塊世代の退職者の再雇用によって必要な雇用者をまかなっているという状態です。
しかしながら、福井県の伝統ある産業を維持していくためには、少子化に歯止めをかけ、若者の県外流出を減少させる必要があります。
製造業以外の職業選択の余地があまりないこと、賃金が安いことも若者が県外に流出していく理由の一つかもしれません。
若者にとって魅力ある職場づくりをするという各企業の努力も大切ですが、今後、国も福井県の主力産業を守っていくという姿勢が必要になっていくと思います。


最後に、福井県には多くの原子力発電所が存在してます。仕事もあり、幸せな家庭が多いと思われる県であり理想とする県ですが、原発は大きな問題でありとても懸念される点であると思います。

福井県のことをよく知るなら↓をクリック
福井県の広報番組