スタッフ紹介

亀井 浩行 Hiroyuki Kamei Ph.D.,R.Pharm. 教授(Professor)

名城大学大学院薬学研究科修士課程修了後、マルコ製薬株式会社創薬研究所生物研究部、名古屋大学医学部附属病院臨床治験管理センター・薬剤部、金沢大学薬学部医療薬学講座病院薬学研究室准教授を経て現職。現在、精神科領域において、特に精神疾患患者のアドヒアランスやスティグマ(偏見・差別的な行動)に影響する因子を分析し、薬剤師を含めた医療スタッフによる薬物療法及び心理教育支援の方策を研究の課題としている。また、精神科医療現場における薬剤師の薬物療法支援の実践的な介入のあり方についても追及している。

専門分野
神経精神薬理学、臨床薬学
所属学会
日本薬理学会 (学術評議員)、日本神経精神薬理学会(学術評議員)、日本臨床精神神経薬理学会、日本医療薬学会(代議員、認定薬剤師・指導薬剤師)、日本臨床薬理学会、日本薬学会、日本アレルギー学会、日本医学教育学会、Asian Conference on Clinical Pharmacy(Boardmember)

半谷 眞七子 Manako Hanya Ph.D.,R.Pharm. 薬学博士・助教(Assistant Professor)

名城大学薬学専攻科修了、セントラル病院、医療法人新生会金山クリニック、南区薬剤師会営南薬調剤薬局を経て現職。現在、臨床研修する薬学生が、患者の薬学的な問題点の解決能力を身につけるために模擬患者を活用した臨床薬学教育支援プログラムを構築することを研究の課題としている。特にコミュニケーション教育の質的向上を目指して、会話分析のひとつであるRIASを用いて医療-患者間のコミュニケーションの分析を行っている。また、薬学教育に多職種連携教育(Interprofessional Education:IPE)の導入を目指して、プログラムの開発を行っている。

専門分野
臨床薬学、医療コミュニケーション
所属学会
日本薬学会病院薬剤師会、日本薬剤師会、日本医療薬学、日本薬学会、日本医学教育学会、日本薬史学会、ファーマシューティカルコミュニケーション学会、東海病院管理学研究会、European Association for Communication in Healthcare
賞
平成11年度MHforum 優秀論文賞「“こころ”の教育を目指して−薬学生は卒業式に「薬剤師の誓い」のセレモニーを−」平成12年5月

福井 愛子 Aiko Fukui 助教(Assistant Professor)

名城大学大学院薬学研究科修士課程修了後、小牧市民病院の常勤薬剤師として7年間勤務し、現職に至る。現在は、連携大学院協定を締結している藤田保健衛生大学病院において実務実習生および特別臨床研修生の指導にあたるとともに、肝胆膵内科領域における薬物・栄養療法の臨床研究を行っている。

専門分野
臨床薬学、臨床栄養学
所属学会
日本医療薬学会、日本薬学会、日本肝臓学会、日本静脈経腸栄養学会、日本病態栄養学会
賞
日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士、日本医療薬学会認定薬剤師、他